山本内科医院

内科,胃腸内科,消化器内科
〒739-0041
広島県東広島市西条町寺家3228-2
 

初診の方へ

初めて診療を受ける方へ

問診表の記入をお願いします。その後、医師による問診を行います。昨今医療情報が氾濫し、患者さん自身のはなしなのかそれらに修飾された情報なのか混乱をきたした患者さんを見受けます。事象を整理するために伺います。真の症状と経過を引き出し病態を整理します。必要な診察(視診・触診・打診・聴診など)を行い、検査計画・治療計画を組み立てていきます。
※来院にあたって準備していただくもの:保険証,各種医療証。ありましたら紹介状や最近の健診データなど参考資料。他科のを含め、お薬手帳もしくは現在服薬中のお薬そのもの。

 

診察対象となる症状

当院は内科医院です。消化器内視鏡専門医・消化器病専門医として、消化器症状(腹痛・おう気・おう吐・下痢・下血など)の訴えのある方や健診等で消化器疾患が疑われる方の診療に力を注いでおります(地域の中核病院で培った精査担当医の経験を生かして内視鏡検査・超音波検査に臨んでいます)。一般内科としては、コモンディジーズ(かぜや肺炎、胃腸炎など日々かかりうる病気。高血圧や脂質異常や糖尿病などの生活習慣病。人間ドックや健診などの血液検査で指摘されるような肝機能障害など)を中心に内科全般の一次診療ならび一次医療を地域医療の担い手の一人として行っています。一次診療ならびに一次医療とは、その入り口を担う診療であり医療です。これで完結する病態も多いのですが、各種専門の診察治療や入院、特殊な検査治療が必要と判断しました場合は、必要に応じ二次診療・二次医療さらには三次診療・三次医療が受けられるよう算段します。消化器内科とは、食道・胃・十二指腸・小腸・肝臓・胆道・膵臓を内科的に扱う科です。内科と外科の大きな違いは、ざっくばらんに言えばメスを使った手術のような治療をしないのかするのかの違いです。
※当院の診療対象年齢は、おおむね中学生以上です。
各種健診、小児の定期予防接種を除く各種ワクチン接種(対象者は、中学生以上)も行っております。

 

診察・検査の進め方

受付で保険証などを確認のうえ、カルテ作成します。待合時間のあいだ、問診表へのご記入をしていただきます。
場合によって、看護師などスタッフが病状・これまでの診療内容をお伺いします(待ち時間の有効利用および医師との二重チェックで聞き洩らしを減らすため)。
診察は、原則来院順です(待合患者さんに症状の重い方や前回検査予約をされて帰られた方などがいらっしゃった場合、多少順序が変わる場合もありますがご了承ください)。診療後は、会計です。必要に応じ処方箋を発行して診療は終了します(お薬は、院外薬局となっております)。
事前にわからないことを診療時間内に電話で問い合わせいただくことをお勧めします。

 

診察所要時間・費用

診察は、5~20分程度です。病状により必要な検査をお勧めし、患者さんが納得されれば施行します。よって全診療時間に変動はあります。胃内視鏡検査は、カメラが挿入されている時間はおおむね5分程度です。検査前の咽頭麻酔などの前処置が約15分です。
なお胃カメラは、前日午後9時ごろまでに夕食をされたのち翌朝検査まで何も飲み食いしていないことが条件です(状況によって緊急内視鏡はこれに縛られない)。

費用の例についてはこちらをご覧下さい。

 

守秘義務と個人情報について

当院では、個人情報の尊重と守秘義務を遵守します。なお、患者さんご自身から、自身の個人情報開示の要請があった場合は、その意思を尊重し合理的な範囲で対応します(細かな情報は、個人が特定できかねる電話での対応は原則行いません)。

当院における個人情報の利用目的は次の通りです。

医療提供:当院での医療サービスの提供,他の病院・診療所・助産所・薬局・訪問看護ステーション・介護サービス業者等との連携,他の医療機関からの照会への回答,患者診療のため外部の医師等に意見や助言を求める場合,検体検査業務などの業務委託,ご家族への病状説明,その他患者さんへの医療提供に関する利用。診療費請求のための事務:医療・介護・労災保険、公費負担などに関する事務およびその委託,審査支払機関へのレセプトの提出,審査支払機関または保険者からの照会への回答,公費負担医療に関する行政機関等へのレセプト提出および照会への回答,その他、医療・介護・労災保険および公費負担医療に関する診療費請求のための利用。当院の管理運営業務:会計や経理,医療事故報告,当該患者さんへの医療サービス向上など。その他、当院管理運営業務に関する利用。企業等から委託を受けて行う健康診断等における企業等へのその結果通知。医師賠償責任保険などにかかわる医療に関する専門の団体・保険会社等への相談または届け出など。医療・介護サービスや業務の維持・改善のための基礎資料。当院内にて行われる医療実習への協力。医療の質の向上を目的とした症例研究および発表(患者を特定できない方法で)。外部監査機関への情報提供。がん登録事業などに関する必要な書類提出。